【投資が怖い人向け】ポイントで投資をはじめてみよう

【投資が怖い人向け】ポイントで投資をはじめてみよう

投資って怖い

国から「老後資金に2000万円必要」と言われて、投資を始める人が増えたといいます。

投資と聞くと「元本割れ(元手より金額が減る)が怖い」ですよね。

がんばって仕事で稼いだお金が減るなんてイヤだなあ

これにつきます。

ぼくもそうでした。

投資はずっと前から興味はあったので、証券口座を作りはしましたが、 結局は2年、一度もトレードしませんでした。

ぼくが投資を始めたワケ

投資のことを勉強しているうちに、リスクのとり方を学んだことで踏み出すことができました。

とかっこよく言いましたが、最終的には

「減るかもしれないし、増えるかもしれない」
「やってみなきゃわからない!やってみよう!」
「やりながら覚えよう!だってお金増やしたいし!」

はい、勢いです(笑)。

もちろん、これから紹介する投資のはじめ方には、勢いはいりません。

あとは投資が「怖い」を「怖くない」にできればはじめられそうですね。

ぼくがすすめる投資のはじめ方は、

  • 無料で準備できます
  • 投資用の資金はいりません
    →クレジットカードのポイントで投資します
     →クレジットカードはNGという方は楽天銀行のデビッドカードがあります
  • 本当に増える?
    →1年やってみた結果、増えました

※「ポイントは買い物に使う!投資には回さない!」という人は、これ以上この記事を読まなくてOKです。ありがとうございました。

おすすめの投資のはじめ方

準備するものは2つ、

  1. 楽天クレジットカード(もしくは楽天銀行のデビットカード)
  2. 楽天証券の口座

です。 もちろん無料です。

やり方は、

  • 生活費や光熱費をカードで支払って、ポイントを獲得(100円で1ポイント)
  • 獲得したポイントで投資信託に投資する

これだけです。

準備編

  1. 楽天クレジットカード楽天クレジットカードを申し込み
    (デビッドカードでポイントを貯める場合は、楽天銀行の口座を開設)
  2. 楽天証券の口座を開設
  3. 楽天スーパーポイントと楽天証券の口座を連携 連携のやり方はこちら

投資編

①生活費や光熱費をカードで支払って、ポイントを獲得(100円で1ポイント)

ぼくの場合は、

  • 光熱費:30,000円
  • 保険:20,000円
  • 携帯電話:4,000円

これでほぼ5万円です。500ポイント獲得つきます。
 ※ぼくは楽天市場のポイント倍率を上げるために毎月500ポイントを目安にしています
 (積立の最低ラインが500ポイント)
 ※※無理に目指す必要はありません。

管理の面倒さが必ずつきまとうので、生活費だけでも十分だと思います。

②獲得したポイントで投資信託に投資する

楽天証券は投資商品が豊富で、「どれに投資していいかわからない」と、とても悩むと思います。

ぼくはいろんな方のブログを読んで決めましたが、
あとになって、たぱぞうさんの「たぱぞうの米国株投資」を見つけました。

最初に見つけていればよかったと思います。

ぼくが注目しているのは、こちらです。

たぱぞうさんの「お金が増える 米国株超楽ちん投資術」を読むと自分に合った商品が見つけられると思います。

タイトルの通り、アメリカの商品を進める理由をわかりやすく解説してくれていました。

英語できないし、アメリカの経済を知らないで投資なんて怖いよ

そんなことはありません。ぼくも英語はGoogle翻訳ないとツライです(笑)
たぱぞうさんも、もともとは日本株に10年投資していましたが、アメリカ株に投資を始めた理由も解説しています。
ぼく自身、日々、アメリカの経済動向をおっかける余裕も、英語能力もありませんが、
この本でアメリカ株に魅力を感じました。

また、メインはアメリカの商品が中心ですが、それでも「日本の方がいい」という人向けに、日本の商品も紹介しています。

価格は1,540円、飲み会1回分の半額以下なので、とてもオトクだと思います。
英語やアメリカに苦手意識があるぼくでも、アメリカ株にそそられたので、読んでみることをオススメします。

投資してみた結果

ぼくは2019年の約1年間、 eMAXIS 先進国株式インデックス に投資しました。

合計8,500ポイント投資して、9,494円
評価損益は+994円(+11.69%)でした。

2019年の評価損益 9,494円

8,500ポイントの内訳

  • 毎月積立で500ポイントを11ヶ月
  • 3,000ポイントをスポット購入

これを100倍の額で投資していたら10万円ほど資産が増えたことになります。

プラスの結果でよかったと思っていますが、
初めて3ヶ月くらいで、マイナス、つまり元本割れして、
かなりくるものがありました。

何回も評価損益を確認していました。
見たところで増えるわけでもないのに。
たとえポイントがおまけだとしても、お金に換算できますから、
かなしいし、くやしかったです。

株価は「原則、右肩上がり」です。

やめずに済んだのも、この原則を知って、
「続けていれば必ずプラスになる。もし元本割れしても借金になるわけじゃない。続けよう」
と言い聞かせて続けて、止めることをやめました。

そのうち本業が忙しくなって、だんだんと存在を意識しなくなってきて、
ふと本業が落ち着いた頃にみたら、プラスになっていました。

投資の世界なので絶対はありません。
先がわからないからこそ、定期的に決まった金額を投資するのが継続のチカラになります。

それに、暴落におびえて貯金していてもほとんど増えません。
貯金の利子はメガバンクですら0.001%、ネット銀行でも高くて0.2%ほどです。

1年100万円預金したときにもらえる利子はいくらか計算してみましょう。

  • メガバンク・地方銀行:100万×0.001%=10円
  • ネット銀行:100万×0.02%=2,000円

※さらにこれから税金が20%引かれます

まさに雀の涙ですね…
ぼくの親世代(60代)の方は預金の金利が3%とかの時代だったので、
銀行に預けてさえいればお金は増えるので、「預金しておけ」と言いたくなりますよね。

しかし、これからは自分で考えて投資をしていかないと、望んだだけのお金は増えていきません。

まとめ

本記事の要約をまとめます。

  • ポイント投資の準備は無料
    クレジットカードの場合:楽天クレジットカード楽天証券
    デビッドカードの場合:楽天銀行楽天証券
  • ポイント投資はリスクが低くはじめられる
    →もし元本割れしても借金にはならない
     1年で10%以上増えることもある
  • 株価の原則は右肩上がり。継続がチカラになる

国も世間も投資に注目が集まってきています。
よくわからないもの、リスクを伴うものって、怖いですよね。
ぼくがそうです。

ぼくはやりながら覚えるタイプなので、
投資をはじめるために、限りなくリスクを低くする方法ではじめました。

これなら失敗したところで、借金になるわけでもないので、おすすめです。

まずは証券口座を作るところからはじめてみましょう。
個人番号カード、マイナンバーカードを準備するとスムーズです。

おまけ情報

  • キャッシュレスで節約(2020年6月まで)
    キャッシュレス割引で2%購入金額が減ります
  • 楽天銀行を使ってみて
    メインバンクにするには使い勝手が悪いのでサブと使うとよいです
    (条件を満たさないと入出金で手数料がかかります)